ソープランドにはコース別に何回戦出来るかの暗黙のルールがある

ソープランドでの楽しみというのは人によって様々ですが、9割の人が考える最高の楽しみが「気持ち良い射精をしたい」というものでしょう。 ただ射精をするだけなら自慰でもいいですし、女の人に相手をしてもらいたいのであればデリヘルやホテヘル、ピンサロでも良いわけです。 わざわざ相場の高いソープランドで選ぶのは、他では味わえない快感を得るためであり、それを一度の遊びで何回もと考える男性は多いのではないでしょうか。 ホームページなどを見てもそういったことは記載されていませんからその回数は自由だと思っている方も多いのですが、実はそうではないのです。

◆ コース時間によって射精回数には暗黙のルールがある

ソープランドでの射精回数について、明記こそされていませんがどのソープランドでも基本的に暗黙のルールという形で回数制限が存在しています。 ヘルスであれば、ホームページのプレイ紹介などに1回戦限定とか回数無制限といった文言があるのでわかりやすいですが、ソープランドではそれがありません。 これは、ソープランドの建前というものが関係していると言われていますが、それ故に明確に決めることが出来ないのです。

では、射精回数についての暗黙のルールとされている回数についてですが、これはコース時間によってというのが多いです。 最近では格安店が主流となっていて、最短45分ぐらいから遊べるようになっていますが、当然これは1回戦限定です。 60分コースぐらいまでは1回戦限定だと考えているソープ嬢が多く、ペース配分を1回戦と考えて行うのが基本のようです。 90分コース以上で2回戦、110分以上で無制限となるのが通例で、これは男性の射精した後のいわゆる賢者タイムなどが関係しているようです。

◆ 短時間で複数回戦することは出来る?

では、「暗黙のルールこそあれど明確に定められていないのであれば、短時間コースでも2回戦とか3回戦してもいいんじゃないの?」と思う方もいるでしょう。 しかし、実際には短時間コースで途中で射精してしまえば、そこでプレイは終わりにして後は会話で時間を潰したり、終わりのお風呂を長めにしたりで時間調整をすることが多いです。

これは、男性は一度射精してしまうと2回戦目には1回戦目よりも射精に至るまでの時間がかかるためで、早漏の人でもそれは変わりません。 中途半端で終わってしまうと不満を持たれることが多いので、あまりやりたくないというのが本音のようです。

また、そういった事情を無視して短時間で無理にでも複数回戦しようとする男性は「がっつき」と呼ばれ、ソープ嬢から嫌われます。 余裕の無いみっともない遊び方をすると思われるので、好印象を与えたいならそのような遊び方は避けましょう。

ソープ遊びは、遊郭の流れを組む遊びということで、粋な遊び方が推奨されるもの。 余裕のある遊び方をするのが好まれるので、何回戦もしたければちゃんとロングコースで入るようにするのが望ましいでしょう。

POSTED ON January 13,2021

NEW ENTRIES