ソープランドに行くべき男性とは

ソープランドは、一定のお金を出せば確実にセックスができるところです。
そして、それによって様々な男性の悩みや苦悩を解決することもできるのです。
男性の種類によっては、いち早くソーランドに行くべき人がいます。
ここでは、「ソープランドに行くべき男性の種類」の詳細を解説してみました。

●童貞に苦しんでいる男性

男性の非交際率は年々高くなり、現在では”童貞”に苦しむ人が多くいます。
そして、童貞のまま年齢を重ねていくとさらにチャンスは少なくなり、下手をすると「一生未経験」ということにもなりかねないのです。
また、童貞ほど女性を口説くのが下手ですから、一刻も早く「一発目の経験」を済まさなくてはなりません。

ソープランドならば、料金を支払えば本番まで必ず到達することができるので、まずはそこで一発目をクリアしておくのです。

●セックスが下手で悩んでいる男性

セックスの上手い下手は、男性の自信やアイデンティティーにも関わります。
「女性をイカせることができない」「セックスに自信がない」という男性は意外に多いのです。

ソープ嬢はセックスのプロフェッショナルですので、客を喜ばせるだけではなく、良い練習相手にもなってくれます。
少し恥ずかしいかも知れませんが正直に悩みを打ち明ければ、女性が感じるツボをすべて教えてくれるでしょう。

●パートナーとマンネリ化している男性

彼女や奥さんなど、セックスのパートナーとマンネリ化し、最悪の場合”セックスレス”になっている男性も多いようです。
それもソープランドで解決できる可能性が高いのです。

面白い統計があります。
それは「浮気している男性ほど彼女(奥さん)ともセックスをしている」というものです。
現代の日本の文化では、「一夫一妻」が常識ですが、生物学的に言うと無理があるそうです。

その証拠にアフリカやアラブ圏などの「一夫多妻」の国では、パートナーとセックスレスになる割合が際立って少ないといいます。
ソープランドはビジネスですが、それでも”パートナー意外の女性”とセックスをすることで、性に対して新鮮味と興味が復活し、マンネリ化やセックスレスを解消することができるのです。

●性癖が危険な人

男性の性癖は多種多様で、中にはそのまま行動してしまうと法律に触れたり、パートナーに嫌われてしまうような種類のものもあります。
ロリコン・痴漢願望・不倫願望・複数プレイ願望・さまざまなフェチズムなど、実にバリエーション豊かです。
こういった願望を叶えようとすると、身の破滅が待ち受けていることは言うまでもありません。
なんとか性欲をごまかしながら生きていくしか平和に暮らす方法はないのです。

そういった性癖が危険な種類の男性にもソープランドはおすすめです。
最近のソープランドでは、ありとあらゆる男性の性癖に対応するようなジャンルがあります。
それはあくまでも”バーチャル”かもしれませんが、性癖に突っ走る衝動を抑えられる歯止めとなってくれるはずです。

●おわりに

性欲は人間の根源的な欲望ですから、そこを満たすことでいろんなことを解決することができます。
悲しいときや落ち込んだときに食事をすると気分が変わるように、性欲を満たすことが想像もしていなかったような良い結果を導き出してくれるものなのです。

POSTED ON February 15,2019

NEW ENTRIES